敏感肌さん必見情報

敏感肌のファンデーションと選び方

敏感肌のファンデーション

敏感肌には「守る」ファンデーションが必要

「敏感肌だから普段はノーファンデーション」という方がときどきいます。
たしかにノーファンデーションはナチュラルで、肌の負担が少ないようなイメージがあります。でも、実はそうとは言い切れません。
素肌を直接外気にさらすため、美白をめざす敏感肌の大敵である紫外線をはじめとする外的刺激から肌を守れないというデメリットがあるのです。
ですから、敏感肌でも大切な肌を守るために、ファンデーションを使うことをおすすめします。
もちろん、ずっとファンデーションをつけたままではいけません。ほこりなどの汚れや皮脂が刺激になってしまいます。寝る前には必ずメイクを落として、肌を清潔に保ちましょう。

ファンデーションは敏感肌専用のものを

では、どんなファンデーションを選んだら良いのでしょうか。
つけ心地ももちろん大事ですが、敏感肌のスキンケアの基本は、シンプルなもの、あるいは敏感肌専用のものを使うことです。
さらに成分もチェックしましょう。刺激を受ける成分は人によって違うため、他の人がすすめるからと言って鵜呑みにするのはNG。
敏感肌の場合は、まずは試供品などを入手して自分の肌に合っているかどうか、パッチテストで確かめることをおすすめします。万が一、かゆみや赤み、ひりひりするなどの異常を感じたときは、すぐに使用をやめましょう。
また落としやすさも大きなポイントです。落としにくいファンデーションは、クレンジングやダブル洗顔で肌に刺激を与えてしまうこともあります。

敏感肌の女性のアンケートでは「くすみやすい」と答えた方が多くいます。
パールが入っているものなど、敏感肌特有のくすみをカバーする効果のあるファンデーションを選ぶことで、美しく白い肌をより印象づけることができます。

UVケア、下地、ファンデーションと重ね塗りは、刺激となり肌に負担をかけてしまいます。敏感肌専用のCCクリームで工程をシンプルにすることで、負担を減らすことも考えてみましょう。
「外部刺激ブロック」「くすみの3原色ケア」「保湿効果」「化粧下地」「薄化粧効果」「紫外線カット」「環境ストレスカット」などで敏感肌のことを考えて作られているものは、何役もこなしてくれるものもあります。
忙しくてメイクにあまり時間がかけられない方の強い味方にもなりますね。

サエル ホワイトCCクリーム コンセントレートは、敏感肌を守りながら、ひとぬりで曇りのない透明肌を演出するオールインワンのCCクリーム。普段はノーファンデ派の方も、一度は試してみる価値がありそうです。

敏感肌さん必見情報 PageTop