敏感肌さん必見情報

敏感肌におすすめ!セラミド配合の美白化粧水

敏感肌の美白化粧水

敏感肌用美白化粧水の選び方

季節の変わり目や睡眠不足、ストレスなどさまざまな原因から、日常のちょっとした刺激で、かゆみや炎症を起こしやすくなってしまう敏感肌。

美白ケアをしたいけど、肌が荒れたり、刺激を感じそうで不安…といった方は多いかと思います。
そんな敏感肌さんが安心して美白化粧水を選べるポイントをご紹介します。

✔保湿機能に優れている

敏感肌の方はまずはお肌の機能を正常な状態に戻すことが重要になります。
そのためには、「セラミド」や「ヒアルロン酸」など保湿成分が配合された化粧水を選びましょう。
なかでも「ヒト型セラミド」と呼ばれる成分は、人がもともともっているセラミドと同じ構造のため、肌のすみずみまで浸透し、保湿力も高い成分になります。。

★成分表示ではここをチェック!
ヒト型セラミドが配合されているかを確認するには「セラミド1」や「セラミド2」などとセラミドのあとに並んでいる数字を確認します。なかでも肌にもっとも多く含まれている、おすすめの「ヒト型セラミド」は「セラミド2」と表記されていますので、是非チェックしてみてください。。


✔肌の刺激となる成分が配合されていない

「アルコール」や「合成香料」などは肌への刺激になりやすい成分になります。極力配合されていない化粧水を選ぶと良いでしょう。
肌への刺激が心配な方は事前にパッチテストを行うとより安心して使用することができるでしょう。

★成分表示ではここをチェック!
アルコールは「エタノール」と記載されています。
合成香料は多くの種類がありますが、「香料」と記載をされていたり、代表的なものとしては「リモネン」「シトラール」などがあります。


✔美白有効成分が配合されている

美白を連想させる名前の化粧水でも美白成分を含んでいないものもあります。
美白ケアをするには、シミやくすみの原因とされているメラニンに働きかけてくれる成分が配合されているものを選びましょう。
有名な美白有効成分として「ビタミンC誘導体」があります。「ビタミンC誘導体」は生成されたメラニンを還元する作用などがあり、美白ケアには大変有効な成分になります。

★成分表示ではここをチェック!
ビタミンC誘導体には様々な種類がありますが、一例として「アスコルビン酸グルコシド」「リン酸アスコルビルNa」「リン酸アスコルビルMg」「APPS」などがあります。


敏感肌の美白ケアには、まず肌機能を取り戻すことが重要になります。
敏感な肌状態を正常な状態に戻すことで、より美白ケアが効きやすい状態になります。
美白に有効な成分だけでなく保湿機能に優れた化粧水を選ぶことをおすすめします。


どんな化粧水が良いのだろう?とお悩みの方は、美白スクールでおすすめの化粧水も紹介していますので、こちらもぜひ参照ください!


おすすめの美白化粧水はこちら>>


化粧水をつけるポイント

化粧水をつける際にお肌に刺激を与えていませんか?
どんなに良い美白化粧水を使用しても、間違った方法で化粧水を塗布するとお肌に刺激を与えてしまうこともあります。
ここでは敏感肌の方でも刺激を感じずに化粧水を塗布することができる方法をご紹介します。

化粧水をつけるときはコットンよりも手を使いましょう。コットンは隅々まで化粧水を届けることができますが、敏感肌の場合、繊維が肌を傷つけてしまう恐れがあるのです。
手で触れながらつけることで、自分の肌の状態をチェックできますし、手の熱で血行が良くなるというメリットもあります。
また、化粧水を浸透させようと強めにパッティングするのも肌を刺激してしまうので、よくありません。手のひらや指の腹で優しく押さえてなじませるようにしましょう。
乾燥が気になる部分には、ていねいに重ねづけするのがおすすめです。


化粧水をつける手順

  • ①手のひらをくぼませ適量(100円玉大)の化粧水を手に取り、両手で暖めます。
  • ②顔全体に広げ、3秒間ほど頬を包み込んでなじませます。
  • ③両中指を目頭にあて、手のひらで鼻筋、口もとを包みます。
  • ④同量(100円玉大)を重ねづけし、額とあごに3秒間ほど密着させます。
  • ⑤親指以外の4本の指で目もとになじませます。

化粧水でたっぷりうるおったら、クリームでふたをして肌の乾燥を防ぎましょう。


初めて使用するのが不安な方は

パッチテストで安全確認

初めての化粧水を使う前には敏感肌用であっても成分にアレルギーがないか事前にパッチテストを行うことをおすすめします(かゆみや違和感があった場合はすぐに化粧水の使用を中止してください)。


パッチテストの手順

  • ①防水タイプの絆創膏などのガーゼ部分に化粧水をしみこませる。
  • ②敏感な腕の内側や手首に貼る。
  • ③48時間そのままにして様子を見る。

まずは気軽に試せるトライアルセットから始める

敏感肌のケアは肌に合った化粧品で、じっくりと続けることが大切です。
本格的に使い始める前に、気軽にお得にお試しができる「トライアルセット」をおすすめします。
10日間ほど使用できるおのが多いので、まずは自分の肌に合うかどうか「トライアルセット」で試したうえで、検討するのが良いでしょう。


敏感肌用美白スキンケア化粧品のおすすめはこちら>>


敏感肌さん必見情報 PageTop