美白スクール

美白とはどういう状態のこと?もっと知りたい美白のこと

美白スクール×小林ドクター
もっと知りたい、美白のこと

美白とは「肌の中に余分なメラニンのない、その人本来の透明な肌に戻すこと」「紫外線によって作られるメラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐこと」と定義づけられていますが、「そんなこと言われても専門的すぎてよくわからない…」と思う人が大半のはず。
それでも、美白もメカニズムを知らなければ、本当の美白対策はできません。美白ケアは白くなったら終わりではなくずっと続けていかなければならないものでもあります。しっかりとした知識の上に構築される対策は自信をもって取り組むこともでき長く続けられます。
そこでここでは、美容皮膚科医の小林暁子先生に、美白の定義をわかりやすく説明していただきました。そもそも美白とはなんなのか、という基本的なことから肌が白くなるってどういうことか、シミと肌との関係など具体的に答えていただいています!
難しい用語はわからないという人でも理解できるよう、基本的なことから解説していただいたので、スキンケア対策初心者のあなたも安心してチェックしてみてください!

そもそも美白とは何ですか?

小林先生一言で言うと「メラニン対策」です。シミは紫外線などによってメラニンが過剰につくられ、表皮に沈着している状態です。現在の美白ケアは、メラニンがつくられる肌内部のメカニズムに着目して、メラニンの生成量をおさえたり、メラニンが表皮にとどまることなく排出されるようにターンオーバーをうながすなどの機能を備えています。メラニンが過剰にならないようにコントロールするものが多いですね。

美白で肌が白くなるわけではない?

小林先生いま市販されている美白スキンケアコスメの多くは、漂白したように肌が白くなるわけではありません。メラニンの数が増えすぎないようにおさえることで、その人本来の透明な肌を保ったり、透明感のある肌に戻したりすることができるものです。 もっというと、単にメラニンを減らせば肌に透明感が増して美しくなるわけではなく、角層にうるおいがあり、ハリを保つことも美肌の条件。そのためには角層のターンオーバーが正常に行われていることはとても大切なことです。肌のコンディションが悪いところに美白成分を入れ込んでも、あまり効果はないんですよ。

シミとターンオーバーの関係を教えてください

小林先生メラニンの生成もターンオーバーも表皮で行われますから、特に表皮の構造を知っておくことは美白ケアの基本だと思います。表皮は大きく4層構造になっていて、厚さは0.1~0.2mm程度。肌細胞は最下層の基底層でつくられ、約28日かけて肌表面へと押し上げられ、垢となってはがれ落ちます。これがターンオーバーです。
メラニンも基底層のメラノサイトという色素細胞で、チロシナーゼという酵素の働きによってつくられ、ターンオーバーのサイクルにのって自然に排出されます。 肌の見た目の美しさは、角質細胞が10~20枚ほどの層になって重なっている角層で左右されます。この角層にしっかりとうるおいのある状態でないと、ターンオーバーが正常に行われず、メラニンも排出されずシミになってしまいます。

美白スキンケアコスメでシミは治りますか?

小林先生シミには、将来現れてくる隠れシミと、すでにできてしまったシミとあります。いま市販されている美白スキンケアコスメの多くは、肌の内部で実際にメラニンの量を減少させているので、隠れているシミも、すでにできてしまったシミも薄くすることができるといえると思います。
ただ、すでにできてしまったシミでひどくなってしまったものは、レーザー治療などの外科的な施術を行わないと消すことが難しい場合も多いですね。
また、メラニンの生成量を抑えるといういわゆる対症療法的な美白スキンケアコスメの場合は、とにかく使い続けることが大切です。薄くなったからといって中断してしまうと効果が薄れてシミが濃くなったり、目に見えていなかった新たなシミができてしまったりします。

小林暁子先生

小林メディカルクリニック東京  小林暁子先生

順天堂大学医学部卒業。医学博士。順天堂大学内科・皮膚科・順天堂伊豆長岡病院等で研修後、順天堂大学総合診療科入局・総合診療科外来担当医、順天堂大学女性専門外来担当医兼任。2005年代々木上原にエターナルクリニック開設。2006年移転に伴い医療法人社団順幸会小林メディカルクリニック新宿御苑として開院。2012年1月、溜池山王に移転。医療法人社団順幸会小林メディカルクリニック東京として開院。日本内科学会認定医、認定病院総合診療医として、心身の健康、美容・アンチエイジングなど多面的に診療。患者さんの立場に立った、献身的な診療を行っています。

美白とは? PageTop