これからの美白ケア方法

季節に応じた適切なスキンケア方法とは?

後悔したくない人のための美白スキンケア

季節・年齢を問わず、早くはじめるほど効果的な美白ケア。しかも継続することがなによりも大切です。いまはシミがない人も、すでにシミに悩んでいる人も、後悔しないための美白ケアを知っておきましょう。
ここでは、季節ごとの紫外線対策でシミを作らないようにする方法からご紹介しています。冬場でも気を緩めずに対策することが美白を維持する近道です。
また、美白の大敵であるシミは美白ケアをすればすぐに消えるものではありません。ひどくなるとなかなか治らず、時にはレーザー治療が必要なケースもあるほどです。そうした現実をしっかり認識しておくための季節別ケア方法もまとめています。
そして実際に美白ケアをするために大切なことについても詳しく解説しているので、どんなケアをすればよいのかもわかり今からすぐに実践することができます。美白はその貴重さに気づいたときからコツコツ続けることが大切です!

シミの大敵・紫外線を防御する

ファンデーション・日焼け止め紫外線量は春先から夏場にかけて特に多くなりますが、陽射しのある冬場も油断は禁物。年間を通してUVカットの下地やファンデーション、日焼け止めで紫外線を防御しましょう。

春夏・初秋

紫外線量が多い春夏から初秋にかけては、日傘や帽子、手袋、サングラスも加えるとより効果的です。

陽射しがある日はつばのある帽子をかぶり、紫外線を避けましょう。

ビタミンDの合成のために1日15分くらいは日光に当たったほうがよいと言われています。が、紫外線の強い時期にあえて日光浴をする必要はありません。外では日傘や帽子で防御していても反射する紫外線があり、屋内では蛍光灯からも紫外線が出ています。日光浴をしなくても、必要量の紫外線は浴びていると考えられます。

シミはひどくなると治りにくいもの。その認識を持つことが大切

ケガや病気と同じように、シミも症状が軽いうちに美白ケア商品などでケアをすれば、それだけ治りも早く、薄く目立たなくなってきます。ところが、コンシーラーなどで隠せないほどシミが濃くなったり、ホクロのように盛り上がってきたりしてしまうとかなり手遅れの状態。治すのはかなり難しいといえます。 「ひどくなるとシミは治らない」という認識を持って、ふだんから予防的に美白ケアを続けることが大切です。

春夏・初秋

紫外線の影響に加えて、皮脂の分泌が活発になり、ニキビができやすくなります。ニキビによる炎症もシミの原因になるので、抗炎症作用のあるローションでケアするなどの工夫をするとよいでしょう。

冬は空気の乾燥によって肌もカサカサになりがちです。肌は乾燥すると角層のターンオーバーが乱れやすくなるので、十分な保湿を心がけましょう。

美白効果を引き出すには、保湿による角層ケアが肝心

保湿ケア美白コスメの効果を生かすも殺すも「保湿」次第。表皮の角層にしっかりとうるおいのある状態でないとターンオーバーが正常に行われず、せっかくの美白有効成分の効果も期待するほど得られません。 夏は冷房や紫外線の影響で肌は想像する以上に乾燥しています。冬も乾いた空気や冷たい風にさらされて肌はかさかさの状態。美白をしたいなら、まずは保湿。保湿は常に必要なケアとして年間を通して行いましょう。

美白効果がギュッとつめこまれた「美容液」がおすすめ美白コスメの効果を期待するなら、美白効果を最大限に追求したものが多い「美容液」がおすすめです。美容液は各メーカーが新たな美容成分や最新技術を取り入れていることが多いアイテムですから、美白をめざすならまず取り入れたいアイテムだと思います。 ただ、美白美容液といってもさまざまな種類がありますから、シミへのアプローチの方法や自分の肌に合うタイプなどを、できるだけ相談しながら選ぶとより効果が期待できると思います。

継続は力なり。美白はコツコツと長く続ける

美白コスメは使い続けることで、いまあるシミだけでなく、まだ表面からは見えない未来のシミも予防的にケアすることができます。特にすでにシミができている人は体質的にシミができやすいのかもしれません。いまシミがない人も肌の奥では日々隠れシミがつくられています。突如現れるシミに泣かされないためにも、美白ケアは継続して行いましょう。

美白スクール
これからの美白ケア方法