これからの美白ケア方法

シミの原因・要因ってこんなことが引き金になります

こんな人は要注意! シミ予備軍

紫外線はシミの大敵。長い間無防備に日光を浴び続けていると、慢性的に与えられたダメージが肌細胞に蓄積され、新陳代謝の衰えにともなってシミとなって現れてきます。
紫外線にはそんなに当たっていないはずだから大丈夫と思っている人もアウトドアは控えているのにシミが出てきて困っているという人も、日常生活に潜むシミの原因、知っていますか?
普段何気なく過ごす日常の生活習慣の中にはシミを生み出す原因がたくさん隠れています。あなたはシミ予備軍になってはいませんか?ここでは、チェックしやすいように、項目別にシミの原因を分けてご紹介しているので、順に確認していきましょう。
もし、一つでもチェックがついたなら今シミがなくても隠れシミが見えないところにできているかもしれないシミ予備軍です。今からしっかり美白対策をとって、シミに悩まされない肌を目指しましょう!

スポーツやレジャーで紫外線を浴びることが多い

スポーツ

紫外線はシミの大敵。長い間無防備に日光を浴び続けていると、慢性的に与えられたダメージが肌細胞に蓄積され、新陳代謝の衰えにともなってシミとなって現れてきます。

職場や学校、家庭などで精神的ストレスが多い

ストレス

ストレスを感じると体内で悪玉活性酸素が発生します。その傷害から細胞を守るためにメラニンが過剰につくられます。

ニキビができやすい

ニキビやヤケドなどの炎症による刺激が起こると細胞を守るためにメラニンがつくられます。

メイク歴が長い

肌トラブル

メイク歴が長い人、若いときからメイクをしている人は、当然「メイクをする」「メイクを落とす」という回数も多く、それだけ肌に刺激が与えられています。特にメイクを落とすときに顔をゴシゴシこするようなまちがった洗顔方法を若いときから長く続けていると、肌のおとろえが早く始まり、シミもできやすくなります。

お菓子ばかり食べている、栄養バランスが乱れている

肌のコンディションのよしあしは、細胞が元気かどうかにかかっています。ビタミン類だけでなく、たんぱく質や脂質など、細胞にとって必要な栄養素をバランスよく摂ることが、正常なターンオーバーを保つためにも大切です。とくに甘いお菓子の食べすぎは禁物。真皮のコラーゲンに糖分がからみつく「糖化」によって、くすみやシミができやすくなります。

女性ホルモンのバランスが乱れている

10代、20代の若いときにシミなどの肌トラブルが少ないのは、女性ホルモンの分泌が活発であることも関係しています。特にエストロゲンがよく分泌されているときは肌の水分を保つ力が高まるので、みずみずしくハリが出てきます。ところが30代、40代になるとエストロゲンの分泌が落ちてくるため、肌に加わった刺激を回復しきれず、シミなどのトラブルとなって現れてきます。

あてはまる項目がひとつでもある人は、美白ケア方法を学んでみてくださいね。いまあるシミだけでなく、未来のシミへの対策も必要です!

美白スクール
こんな人が危険? PageTop